今日も今日とて今日この頃。

アクセスカウンタ

zoom RSS 空は青いのに。

<<   作成日時 : 2006/10/06 12:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は会社をサボってこれ書いてます。
甘えてるとなじられようと知ったこっちゃないです。
身体が重い。外に出たくない。何も考えたくない。何もしたくない。
ただ、それだけ。

お昼から出るって言っちゃったし早いとこまとめてしまおう。
纏まるかどうかはわからないけど。もう徒然でいいか。
嗚呼、胸になんか塊が入ってるみたいな感覚はまだ抜けません。重苦しい。
食べる気も飲む気もしなかったのですけどカップスープを流し込んできました。
生命維持活動を止める勇気も根性も、ないので。
ホント、卑怯だよね、自分。

会社での話なので社長以外の呼称を以下に記します。

私→南(仮)
今までよく話に出てきたバイトの人(30歳らしい)→Kさん
最近バイトに入ってきた人(私と同じ年くらい)→Fさん
最近バイトに入ってきた女の子(私より3つ下)→Iさん
経理の人(私と同じ年の子供がいる)→Tさん
営業とシステムの間で大変そうな人(難病持ちでさらに大変)→Mさん
最近正社員で入った人→Gさん

今週の頭、Kさんが無断欠勤した。それだけだったら
『嗚呼、疲れてるんだな。無理しないでって言ったのになぁ』
と思うだけで済んだのだけど、問題はその後。
その翌日遅刻してやってきたKさん。なんだか態度が変。
変というよりはものすごい投げやり。その時は私もまだ
『具合悪いんだろうな。早く帰って休んでもらわなきゃねぇ』
と思ってたのだけれど、真相は違ってた。
その日、私は朝から緊急のメンテが入ってて、お客さんのところにリモート接続して色々しなきゃいけなかった。色々片がついてから報告しようとは思ってたんだけど、中途報告がおざなりになってたのに気付いてなくって終業時刻を過ぎてから社長にこってり怒られた。それは仕方ないと思う。ちゃんと終わってからの方が良いと思ってたから最初は納得できなかったのだけれども。その時、Kさんも一緒に同じ様な理由で怒られた。それで、Kさんと社長とMさんが会議スペースに移動した。移動の時、社長が言ったのが
「じゃあK君、君とは今朝の事もあるしあっち行って話そうか」
だったので、何かあったコトは薄々察してた。それにその前日の無断欠勤の事もあるし。
うちの会社は小さいから、会議室っていうものがない。パーティションやロッカーで会議したりお客さんを通すためのスペースを区切ってるだけだから、ちょっと大きな声で話すと全部筒抜けになる。だから、私とその時残ってたGさんはとても居心地の悪い思いをすることになったのだけれど。
社長が物凄く怒ってるのはなんとなく察していたのだけれど、どうもその原因がKさんらしい。その所為か初っ端から社長もKさんも臨戦態勢。

社長:今忙しいってわかってんのかお前。
Kさん:忙しいから来たんでしょ?

ちょっと、この時からとても不穏な雰囲気だったのだけれど。
ただ、その時のKさんの言い方に物凄く引っかかった。もやもやした。
その後も漏れ聞こえる(というかだだ漏れな)声。
簡単に纏めるとその日の朝、社長がKさんに電話したらしいのだけれど、その時Kさんが『どうでもいい』と言ったのだとか。多分、その日も休みたいって言ったのだろうKさんに、今Kさんが抱えてる案件とかその辺のことをどう思ってるのか社長が聞いたのだと思う。その答えが『どうでもいいです』だったらそりゃ社長じゃなくてもキレるだろう。その後も『振れる仕事は振れ』とか『逃げるなよ』とかそういう言葉がいっぱい聞こえてきてた。『抱え込むだけが能じゃないだろうが』とかも。
Kさんをかばうつもりはないけれど、昔からの案件とかは結構いっぱいあって、Kさんはそれを何故か一人で請け負ってやってきてた。大変そうだから手伝おうか?と聞いた事もあるけれど、その時は『南(仮)さんに手伝わせるような仕事じゃないですから平気ですよ。南(仮)さんは開発に集中しててください』って笑ってた。多分もうその時にはいっぱいいっぱいだったんだと思う。その会話の少し後から徹夜とか休日出勤とかするKさんの姿をよく目にするようになったから。あの時、無理にでも仕事奪い取れば良かったかな、と少しだけ後悔してる。誰にも、本人にも言ってはいないけど。

物凄く気まず雰囲気の中、私とGさんは仕事をしていたのだけれど、社長とMさん、そしてKさんが帰ってしまった後、Gさんから少しだけ朝の話を聞いた。どうも電話でも社長は怒鳴ってたらしい。だから『今朝の事』だったんだな、と納得。GさんのKさんに対する評価も少しだけ聞いた。

Gさん:Kさんは言葉が足りないっていうか、不器用っていうか…なんか難しい方向に考えちゃう人なんだろうね。そういうのが社長から見たら『要領悪い人』になるんだろうけど。自分で全部把握しておきたいとか、そういうのはわからないでもないけど、ちょっとやりすぎかな。

Kさんは、良く言えば完璧主義者、悪く言えば『重箱の隅を楊枝でつつく』タイプの人。『誰がどんな修正をしたのかを把握しておきたいから』という理由でどんなに忙しくても修正が終わったプログラムをマージしていく作業を自分から率先してやってた。マージして実行してエラーが出たらその原因も自分で調べて修正までやる。普通は差し戻しをするところ、なのに。そこまでしなくても良いよ、って誰が言っても聞く耳を持たないでずっと同じ事を繰り返してた。Gさんからは『南(仮)さんやFさんが、信用してない、って怒ったりしないか心配』と言われるくらい物凄い細かいテストをして、何かバグがあれば『これこれこうでこうなって此処でバグってたから修正しておきました。今後気をつけてください』って言ってくる。結構これって私からしたらストレスになる。どういう意図があってそうやってるかを説明して、納得してもらってから私に差し戻すように仕向けた事が何度あったかわからない。工程も無駄に後戻りしてしまうからエラーが出たらさっさと差し戻して欲しかったし、それを言った事も何度かある。それでも、Kさんはなんだかんだと理由をつけてそのスタイルを貫いていた。正直、私はKさんのそういうところは好きではない。

そしてその翌日、メンテが漸く終わった私とGさん、Kさん、Mさんの4人でミーティングをした。何が議題なのかわからないまま参加したけれど、Kさんの言葉を借りれば体制を変えたい、というのが趣旨だったらしい。Kさんの理想とやらをぶっちゃけて言ってしまえば、今作っているソフトのメンテにはKさんは今後一切かかわりを持ちたくない、昔からの案件はKさんしかわからないからそれはやる、みたいな感じ。

ふざけんな、って思った。
こっちがどんだけあんたの心配してたと思うんだ、とも。

だから、かもしれない。私もついかっとなって『きついんだったらこっちに回してくださいねって言ったのに平気ですって断ったのはそっちでしょ?今更だよ。きついなら最初から言えばよかったんだよ』みたいな事を言ってしまった。それについては後悔してない。反省も、してない。それは私の素直な感情だし、いつかは言わなきゃいけないことだったんだから。それに対するKさんの答えが『私が全部悪いんです』だったから、色んな意味で冷めてしまった。物凄く。

昨日は頑張って出てみたけど、今日はちょっと無理かも、と思う。
動かないんだよね、身体が。外に出なきゃ、って思うのに。
今も何かわからないけど物凄く泣ける。涙がこぼれてどうしようもなくて胸が痛い。
今から会社に連絡入れます。出ろって言われたら気合と根性で出るしかないけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 しんどいときは休んでもバチ当たりません。倒れるまで走り続けたら、えらいことになります。
 思いっきり泣いてみてもいいと思います。涙は流した分だけ心を洗ってくれると聞いたことがありますから。

 南さん自身が幸せでいられる選択をしてください。
L.B
2006/10/07 06:45
心配してる相手というのは、好きじゃない部分があったとしても、大事に思ってる相手なんだよね。だから、想いが伝わらないのは悲しいし、苦しいよね。なでなでなで。
んーと、メッセの連絡先を書いておきます。
よければメールでもくださいな。
吐き出した方が少しは楽になれると思うから。
shashi_108@hotmail.com
しゃー
2006/10/08 13:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
空は青いのに。 今日も今日とて今日この頃。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる