今日も今日とて今日この頃。

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分の対人関係考察。

<<   作成日時 : 2007/05/04 11:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

どうもこんにちは。よく『デレなんて本当にあるの?』と真顔で問われる南です。
今回はそれについて語ろうかしら。語るっていうか…説明?
ぶっちゃけ重い話になるべや。多分きっと。


ツンデレかツンツンかはたまたデレデレなのかデレツンなのかはさておき、南の人生論というか感情論というかそちらにまずは触れたいと思います。でないと私がツンデレなのかツンツンなのかが多分理解できないと思うので。

特別な人は本当に一握りで良いと思うのですよね。博愛主義者ではないのですけれど、感情を乱されるように特別な人は、本当に『特別』な一握りだけ存在していれば良い。自分に関わる全員を特別視していた時期もあったのですけど、それだと物凄く疲れてしまって駄目だったのですよ。
だけど、本当に大切な人が困っている時に疲れていたんじゃ助けようもない。
本当に大切な人を失うような局面に立っている時に疲れているようじゃ、後悔しながら為す術もなくその人を失うしかない。
そんなのは、絶対嫌。死んでも、嫌。
だから、特別な人は少ない方が良い。ほんの一握りで、良い。
その代わり、特別な人は全身全霊で支えるし、何かあったら身体を張ってでも守ろう。
そう思うようになって、とても楽になったのです。

そう思わせてくれたきっかけは、今も付き合っている彼。
あの人がいなければ私は『大切な人を守るために命を懸けたい』なんて思えなかったと思う。あの人がいなければ『大切な人を支えたい』とか、『大切な人を手放したくない』とか、それ以上の深い何かは得られなかったと思う。
そのくらい、あの人は私の中で大きな存在です。とても、とても。
だから、あの人から何を言われても私は許せるし、何をされても愛しいと思える。
彼は、彼だけは、私の重たい心を受け止めてくれるから。
あの人だけなんです。
私の中のどろどろした黒くて重いものを見ても蓋をしようとしないのは。
私の中に渦巻いてるどす黒いものから目を反らさないでいてくれるのは。
心が折れそうな時、何も言わずに、何も聞かずに、支えてくれたのは。
だからこそ、あの人だけは失いたくないし、何をしてでも守りたい。
でも『皆が特別』な私じゃあの人を失うかもしれない。
だったら、本当に『特別』な人だけに私の感情のベクトルを向ければ良いんじゃない?
そう、思わせてくれたあの人には本当に感謝してます。
これが愛してる、ってことなのかも、しれない。

悪い言い方をすれば『どうでもいい人』と『大切な人』をくっきり分けたことによって私の中に余裕が出来たのですね。『皆が特別な人』で自分に余裕がなかった頃は周りが見えてなくて全部自分で背負ってて、自分ではそれが格好良いと思ってた。それは、ただ周りに良いように利用されてただけなのに、それさえも気付かないで背負い込む自分に酔ってただけで、自分を哀れんでた。なんて可哀想な私、ってね。
今思えばとても滑稽で愚かな人間にしか見えないけれど。
それでもあの頃の自分には精一杯だったのですよね。
だから、否定はしない。
あの頃の『みんなが特別』だった私も、今の『特別なのは一握り』の私も。
どちらの私も私なのですよね。そう思えるようになるまでにだいぶかかりました。
何度も泣いて、何度も責任転嫁して、何度も黒い想いを抱えて。
その間ずっと私の傍にいて、隣を歩いてくれた極僅かな人達。
あの人と、遠く離れてしまったけど大切な親友達。
その人達だけには私は無条件で甘いです。
ツンデレを通り越してデレデレの勢いで甘い。
ROの人達には絶対見せない姿だけど。

だから私は『ツンツン』でも『ツンデレ』でもない。
なんていえば良いんだろうねぇ。別ジャンルの生き物なんです、多分。
南の『ツンツン』が痛いからって懐に入ろうとか思わない方がいいと思う。絶対。
『ツンツン』から『デレデレ』になる代償は多分、普通の感覚なら背負えないと思う。
それこそ、血縁関係よりも濃い密度の深くて頑丈なものが必要になるから。
ハードルもリスクも高すぎる。抱えるものも重過ぎる。
ねえ、それでも良いっていう相手はほんの一握りでしょう?
だから、私はその人達の為ならなんだって出来る。
それは、私のために全部投げ出してくれる人達だから。
全部投げ出して、私に欠けたものを与えてくれた人達だから。
誰かに頼るなんて昔の私にはなかったこと。
誰かに縋るなんて昔の私のプライドが許さなかったこと。
誰かに頼る心地よさを、誰かに縋る安心感を、教えてくれた人達だけは私が失いたくないものだから、甘くなる。全て許してしまう。全部寄りかかって甘えてしまう。
それが私の対人関係の基本にあるのですよ。
そして私の対人関係の全てになるのです。







だからツンツンでもツンデレでもないんだよ!
多分、きっと、ほぼ確実に、そんな気がしないでもない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
でもね、わたしは南さんが好きですよ♪
こんなこと言うと「そんなことない」って言われそうだけど、似た部分があって。
不器用に頑張ってるなーって思うから。
本来似た部分がある人は好きじゃないはずなんだけどねーw
しゃー
2007/05/04 15:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分の対人関係考察。 今日も今日とて今日この頃。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる